この章では,当塾の「オリジナル教材見本」をご紹介いたします。

1 教材作成のねらい

何を意図して教材を作成しているのか?

一つの単元を構想するときでもそうです。
一つの授業計画を練る時でもそうです。

常に,念頭に置いておかなければならないことは,その単元・授業を受ける対象者にどのような課題があって,したがって,どのような力を,どのような方法で付けるのかということです。

当塾の教材作成も同じスタンスに立っています。

受講者(以下,「塾生」)の課題を鑑みるに及び,教員として必要な力(モノ)は次のように考えられます。一部を挙例します。

  • 〈教育〉全般にかかわる基礎的な〈生きて働く知識(情報)〉
  • 「思考について思考する力」を含め,教育現象等を対象とした各塾生の〈相対化能力〉
  • 教育現象等における課題を発見できる能力及びその解決のための上記〈相対化能力〉に基づいた〈生きて働く知識〉を統合化できる能力
  • 上記統合化能力に基づく「思考力・判断力・表現力」
  • 実践力の根底となる〈ホンモノの教員〉を目指す熱い志
  • 同僚性を志向し体現(協働)できる能力
  • 学問・研究をこよなく愛する態度
  • 乳幼児・児童・生徒への限りない〈愛〉

当塾はこれらの力や態度等の養成を目指し,日々,四苦八苦しながら,塾長がオリジナリティーに溢れた教材づくりを行っているのです。
〔参考:「真心を込めた教材づくり」(旧「鍛地頭」BLOG記事,2018.2.22)〕

要するに,塾生が卒塾する際,つまり,〈ホンモノの教員〉として,また,本務者として赴任する際,児童・生徒等を眼前に,困ることのない実践力を身に付けることのできる教材づくりが営まれているわけです。

高等学校・教育行政・大学講師歴を有する教職歴29年の涙と汗の結晶が,当塾の教材なのです。

2 教材見本一覧

教材見本は,次のとおりです。
「オリジナル教材演習」からは,生徒指導分野及び教育時事情報を採録しました。
また,「小論文試験対策」からは学習指導分野,そして「受験願,履歴書及び自己アピール文等」からは「自己アピール文」を採り上げ,その意義に対する当塾の解釈も付しました。

※ 領域の見出しをクリックしてください。教材見本にリンクします。



Share this Page

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください