塾長のカープ観戦時の笑顔
カープ大好き,観戦中!!


初めまして。
小桝雅典と申します。
「鍛地頭-tanjito-」の塾長です。

「ぼくは大人になったら,高校の先生になりたいです。」
私が小学校2年生の時の日記(№44)には,このようにあります。

私は7歳の頃から,高校の教師に憧れ,ただ一筋,それを目指して人生を歩んで参りました。
ですから,教師になることだけしか考えておらず,他の就職活動を行った経験が一切ございません。

両親の影響が強かったからでしょうか。

父は,教員免許状(高校数学)を有しながら,(私の)祖父の許しを得ることができず,教員の道を断念しました。
「先生になれば,県内のどこに赴任させられるかわからない(=祖父の傍に置いておきたい)。」
10人きょうだいの末っ子であった父を,祖父は大変に可愛がっていたそうです。

母は,高等学校の事務職員でした。
「学校というところは良いところよ。あんたも頑張って先生になると良い。」
私が幼い頃の母の口癖でした。

私は,どういうわけだか,生来,友だちに勉強を教えることが大好きなこどもでした。
勿論(笑),勉強ができたわけではありません(笑)
自分が分かるところだけですが,一生懸命に友だちに説明して,その友達が,
「わかった!!」
と言ってくれることが何より大好きでした。
自己有用感を感じていたかったのでしょうね。

かくして,私は教師としての運命を歩みます。

初めて高等学校の教壇に立ったその日から,私の胸中を占めた強い思いがありました。
そして,教師を終える日まで,途切れることなく,私はその思いに呪縛され続けます。

「生徒って可愛いなあ。何としてでも,一人ひとりの生徒に,その生徒に合った力を付けてあげたい!!」
「生徒のためならば,自分の身にどんな危険や苦労が降り懸かっても,決して厭わないぞ!!」

教育の画一化・形骸化や教員の無気力化・自己中心主義が横行するこのご時世に,ご批判を頂戴するような(行き過ぎと言われる)熱き思いですね。
しかし,公職(公教育)を外れた現在でも,その思いは変わりません。
否,いっそう強くなった気がします。

公職(公教育)を離れ,リベラルな立場で教育を俯瞰し始めて,学校管理職の時代から,私の胸中に渦巻いていた思いが煮え滾ってきました。

「特に,若手の先生を何とかしてあげないと。今の立場の私にできることは何だ!? 精神的に苦悩している若手の先生方を救ってあげられないものか!!」
(かなり高飛車ですが…。)

「現状ではダメだ!! 〈ホンモノの教員〉を育成しないとダメだ!! 自分の命まで賭けろとは敢えて言わないが,現状では,余りにも乳幼児・児童・生徒が可哀想だ!! 乳幼児・児童・生徒が二の次になっている。」
(かなり生意気ですが…。なお,〈ホンモノの教員〉の定義は,アメーバブログ,当塾のホームページ及びブログなどでお読み取りください。)

全て正直な気持ちです。

このメラメラと燃え上がる思いと副塾長との共通の思いである「社会貢献」とが相俟って,「鍛地頭-tanjito-」が生誕したのです。
(かなりの紆余曲折はありましたが…。)


《「鍛地頭-tanjito-」の主な業務内容》

○ 先生方のお悩み相談
 (保護者等,また,高等学校だけではなく,乳幼児教育・義務教育を含めた相談業務に発展。)
○ 〈ホンモノの教員〉養成
 (一度は店を畳まざるを得なくなりましたが,この業務に着手しなければ,死んでも死にきれないと決意し,「オンライン教員養成私塾「鍛地頭-tanjito-」として復活。)
○ 当塾の教育論の発信
 (ブログ,ホームページ及び当塾主催の教育セミナー等で。)

当塾の相談業務では,「学校教育コーナー」「教職コーナー」を担当いたします。長い職歴と豊富な経験,そして生徒のためにと歯を食いしばって身に付けてきた専門性を生かし,子育てから学校教育全般にわたるお悩みに真摯にお応えいたします。

私で宜しければ,是非ご一報をください。

乳幼児・児童・生徒,保護者,学校の先生方及び〈ホンモノの教員〉を目指しておられる皆様方等との運命的なご縁を心からお待ちいたしております。

私の人生のキーワードは〈つながり〉です。


【最終学歴】

広島大学大学院教育学研究科教科教育科学専攻(国語教育学)

塾長の主な職歴
塾長の教育職員等としての主な研修歴
塾長の教育活動における専門領域

【所属学会等】

○ 全国大学国語教育学会
○ 日本国語教育学会
○ 中四国教育学会
○ 広島大学教育学部国語教育会

【主な学術論文等】

広島大学 学術情報リポジトリ
Hiroshima University Institutional Repository
小桝雅典

○ 「義仲生誕」 : 語りの構造を踏まえて読む『平家物語』の授業(第一回) <教材発掘>
○ 〈語りの構造〉を踏まえた〈読み〉 : 古文の授業構築のために
○ 女性人物形象に視点を据えた『好色一代男』構成試論 : 巻六の目録に見られる年齢の錯記及び巻五・六・七の章構成について
○ 初めての古文との出会い : 『伊勢物語』って何だ!? <第35回学会協議会記録>

《修士論文》
「語りの構造を踏まえた読みの授業に関する研究―古文の授業構築を中心に―」
(広島大学大学院)


Share this Page

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください