ここでは,「オリジナル教材演習」,「小論文試験対策」及び「面接練習(模擬面接)」で使用する「OneNote」の使い方についてご紹介いたします。

OneNoteには,有償版・無償版,2010,2013,2016など様々な種類があります。当塾では,塾生の皆様にご負担をお掛けすることのないように,OneNote online(無償版)で当塾との「共通OneNoteブック」と「個別OneNoteブック」とを保有し,学習を進めることにします。

注:OneNote online(無償版)を教材ツールとして,当塾で商用利用することについては,「全く問題ございません。」との回答をMicrosoft社から得ております(平成30年10月25日(木)午前9時14分)。

次の説明は,塾生の皆様が当塾とOneNote onlineのブックを共有する方法です。
なお,「共通OneNoteブック」及び「個別OneNoteブック」いずれの場合も同様の方法となります。

1 OneNote online(無償版)をダウンロードする。

パソコン,スマートフォン及びタブレット端末等,今後の当塾との学習でご使用になる端末にOneNoteがダウンロードされていない場合は,Windows ストア,App Store及びGoogle Play等から端末に合わせ,事前にアプリケーションをダウンロードしておいてください。

2 OneNoteのブックを共有するためのメッセージを受信する。

「共通OneNoteブック」及び「個別OneNoteブック」の両ブックを共有するため,当塾からそれぞれのブックにかかわり,共有を依頼する招待メッセージを電子メールで送りますので,それを開きます。

注:お申し込みフォームにおいてご記入いただいた電子メールのアドレスに送信させていただきます。
招待メッセージ
招待メッセージ

3 招待メッセージの当該箇所をクリックする。

目的のブックを共有するため,例えば,「共通OneNote ○○○○」(下図の場合,「共通OneNote 教育時事情報」)をクリックします。

招待メッセージの当該箇所をクリック
招待メッセージの当該箇所をクリック

4 ブックの共有が完了しました。

これで,当塾とのブックの共有が完了いたしました。
なお,ブック内の具体的な操作方法等については,学習を進めながら,当塾からご説明申し上げます。

共有されたブック(例:教育時事情報)
共有されたブック(例:教育時事情報)
※ セクション(左端)の項目は,実際に使用するものとは異なります。

詳しくは,次のサイトをご参照ください。

【関連サイト】

「OneNoteについて,わからないことがあったらこちら! OneNote 特長と基本機能」(Microsoft)


Share this Page

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください